東京 吉祥寺 理学気功 気功整体 子宮筋腫 内膜症 生理痛 PMS 手湿疹 冷えとり 育児 子供のアトピー 小児ぜんそく 夜泣き 夜尿症 つわり 産後の不調 不育症 逆子 腰痛 頭痛    

本当は良くなる内膜症、筋腫

本当は良くなる内膜症、筋腫



「冷えとり」に対しては様々な体験談を耳にして来ましたが、実際に「理学気功」を訪れた患者さんに多い治癒例は「婦人病」に伴う症状なのです。

その中でも子宮筋腫、子宮内膜症が良くなる例が実に多いことに驚いています。子宮内膜症に限っていえば、原因はおろか効果的施術法も無い上、子宮以外に出来た内膜は発見すら困難だといいます。しかし原因は間違いなく排泄しそこなった『毒素』が溜まって具体化したものです。

退化した『毒素』排泄機能が回復するようにもっていけば、必ず治ります。痛みの本質は危険を知らせるシグナルです。痛みが激しいほど状態が深刻かといえば、そうではなく本当に深刻なのは痛みを感じにくい状態なのです。


とはいえ、想像を絶する痛みから、それが消えることを望むあまり医師の勧めにしたがっているのが現状ではないのでしょうか?
痛みが激しいとは言え、なぜ、ああも簡単に子宮や卵巣を切除してしまうのか?確かに無くても直接生命に影響が無いかのように思われているようです。医学者のほとんどがそう言うでしょう。

出産後で「もう子供もいらない」と思っている女性でさえ、切除に対しての不安感や恐怖感に伴うストレスは想像を絶するものがあります。

出産前や未婚の女性にとって、それはほとんど「死」の宣告に値するほどの問題なのです。これは女性としての存在証明というかアイデンティティーに深く関わっているからです。

手術する前に読んでみてください!

本当に切らないといけないのでしょうか?

答えはノーです。

というより切ってはいけません。

手術

死んだ方がマシだと言わしめるほどの激痛を鎮痛剤で抑える以外に選択の余地の無い人たちには、ひどく乱暴な意見に聞えるかもしれませんが、心身の良い状態とは のページにもあるように「理学気功」的に考えれば消化器→呼吸器→腎臓という経路で『毒素』が溜まっていくわけです。
女性の場合に限っていえば腎臓の次に溜まる場所が「子宮」「卵巣」なのです。

つまりは一箇所の臓器に『毒素』が溜まると機能が停止してしまう為、全体へと分散しようとするのです。ところで「生殖器」でカバーし切れない『毒素』は一体どこへ行くのでしょう?

実はアタマなのです。
そう、「脳」へ溜まってしまうことになります。それでも、閉経前の女性なら大抵は月経が毎月あるので定期的な「毒素排拙」が自動的に行われているので、バランスが取りやすいのです。
[ヒステリー]というのはギリシャ語で『子宮 』という意味ですが、これも「子宮 」に溜まった『毒素』がアタマに行ったために感情抑制がきかなくなるという事実を物語っています。

東洋医学の理屈からも臨床経験で診た多くの例からもはっきり言えることは、「子宮 」を切除した女性のほとんどに精神的な問題が顕著にみられる、ということなのです。
かなり深刻な「うつ症状」に陥ってしまった例も少なくありません。


医学者の多くが、術後の問題に全くといっていい程無関心なために、多くの女性たちが更なる深刻な事態に苦しんでいます。「理学気功 」はこの事態を重く受け止め、「子宮」「卵巣」の安易な切除、摘出に対して警鐘を鳴らそうという意味でこのページを作りました。

すでに手術を受けた方は「子宮」や「卵巣」の代わりにほかの臓器が毒を溜めてくれているはずですから、「カラダの毒」が出やすいように働きかける必要がありますし、もし気持ちのコントロールがしにくいと感じてきたなら「ココロの毒」も出さなくてはなりません。それは再発しない身体を作ることになります。

理学気功は応援します。



次に 内膜症、筋腫の原因を自分でCHECK をご覧ください
具体的な原因にどれくらい当てはまるでしょうか?
[check]CHECKしてみて下さいね        画像考える

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional