東京 吉祥寺 理学気功 気功整体 子宮筋腫 内膜症 生理痛 PMS 手湿疹 冷えとり 育児 子供のアトピー 小児ぜんそく 夜泣き 夜尿症 つわり 産後の不調 不育症 逆子 腰痛 頭痛    

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎について



主に、肺と大腸の毒素が原因で起こると考えられます。
東洋医学では、肺は排泄器官の大腸、皮膚とのつながりが深く、肺と大腸の働きが悪い時は、皮膚が代わってこれらの毒素を出します。

アドバイス

・かゆいときはかいてもOK
毒の出口が広くなりますから、毒がよく出ます。

・下着は絹がおすすめ
ソックスの原理と同じように、絹を一枚目に着ると汗をかいた後もすぐに乾いて冷えを防止でき、毒素を出す力も増加します。綿で作られた服はとても多いので、自然に絹→綿の二重構造になるところがお得です。

・食べすぎはしない
これは冷えとりの基本ですが、出来るだけ食べる量を減らしましょう。多量の食べ物は、大腸に大きな負担をかけます。消化できなかったものは、そのまま体内に毒素として蓄積するので他の臓器にも負担になってしまいます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional